図書館の原則 - アメリカ図書館協会

アメリカ図書館協会 図書館の原則

Add: ukepor75 - Date: 2020-12-06 03:03:50 - Views: 2203 - Clicks: 6290

公共図書館: 地域とつながり共に歩む公共図書館のチャレンジ ―アメリカ図書館協会(ala)年次大会における発表3館の取り組み― 第2分科会: 大学・短大・高専図書館 ①: ゲームを活用した情報リテラシー教育: 第2分科会: 大学・短大・高専図書館 ②. 米国図書館協会(ala)、図書館におけるメディアリテラシー教育のためのガイドを公開; 米国図書館協会(ala)、連邦議会で審議中の新型コロナウイルス感染症支援策において図書館関係にも資金を充てるよう要求:図書館による住民のインターネットアクセス拡充や一時解雇された. 事務局は専任職員で構成されている。活動資金はALAからだけでなく、外部の各種財団などからも調達している。 ・支部関係部(Chapter Relations Office) ・開発部(Development Office) ・管理部(Governance Office) ・国際関係部(International Relations Office) ・認定部(Office for Accreditation:OA) ・多様性部(Office for Diversity:OFD) ・政府関係部(Office for Government Relations:OGR)(在ワシントンD. 図書館の原則 図書館における知的自由マニュアル(第8版)改訂3版 - アメリカ図書館協会のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 図書館の館種別団体や職種別団体の専門別に11の団体がある。ALAと関係をもちながら、別個に結成したのちにALAに加入した団体もあり、かなり独立性の高い部会(協会)集団といってよく、ALAは入れ子型の組織となっている。それぞれ「―協会」と訳されることも多い。 各部会は評議員会と総会に代表を参加させている。議決権を有する。 ・学校図書館員部会 (American Association of School Librarians:AASL) ・図書館資料およびテクニカル・サービス部会 (Association for Library Collections & Technical Services:ALCTS) ・児童図書館サービス部会 (Association for Library Service to Children:ALSC) ・図書館委員会・支持者部会 (Association for Library Trustees and Advocates:ALTA) ・大学・研究図書館部会 (Association of College and Research Libraries:ACRL) ・専門・企業図書館部会 (Association of Specialized and Cooperative Library Agencies:ASCLA) ・図書館管理・経営部会 (Library Administration and Management Association:LAMA) ・図書館情報技術部会 (Library and Information Technology Association:LITA) ・公共図書館部会 (Public Library Association:PLA) ・レファレンスおよび利用者サービス部会 (Reference and User Services Association:RUSA) ・ヤングアダルト図書館サービス部会 (Young Adult Library Services Association:YALSA). 図書館の原則新版 - 図書館における知的自由マニュアル(第5版) - アメリカ図書館協会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

図書館の原則 / アメリカ図書館協会知的自由部 編纂 ; 川崎良孝, 川崎佳代子 訳 編集履歴 History Note A. 知的自由、図書館の自由についてまず読むべきアメリカの本は、訳者の手になる『図書館の原則:新版』(日本図書館協会,1997年)です。 本書『検閲とアメリカの図書館』は、『図書館の原則』の理解を深めるのに最適の書です。. 図書館の障害者サービスにおける著作権法第37条第3項に基づく著作物の複製等に関するガイドライン 日本図書館協会の取組み 新型コロナウイルス並びに令和2年7月豪雨により甚大な被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、早期に健や. アメリカ図書館協会 READポスター 本を手にした有名人とひときわ目立つ大きな”READ”の文字。アメリカの図書館を訪れたことがあれば、そんなポスターが図書館のあちらこちらに飾ってあるのを見たことがあると思います。 特に、児童書コーナーからヤングアダルト(ティーンというべきか. ) ・人的資源の開発と採用部(Office for Human Resource Development and Recruitment:HRDR) ・情報技術政策部(Office 図書館の原則 - アメリカ図書館協会 for Information Technology Policy:OITP)(在ワシントンD. ―アメリカ図書館協会(ala)年次大会における発表3館の取り組み―> 地域とつながり、地域の課題を共に考え、地域と共に歩む、そんな公共図書館をめざして活動する姿は、アメリカ図書館協会年次大会(ALAAnnual)で多くのアメリカの図書館員の共感を呼びまし. トショカン ト ジユウ.

(4)公共図書館に対する国家レベルの体制と方針について 国レベルの公共図書館振興(補助金支出等)の担当部署については、カナダでは国立図書館 に地域の公共図書館に振興支援の任務を与えている。フランスの場合、文化通信省図書・読書 局である。. 支部は、一定の地理的な範囲で、一般的な図書館サービスや図書館に関する理論と実践について議論、検討することを目的としている。ALAの内部には支部関係事務局(Chapter Relations Office)と支部関係委員会(Chapter Relations Committee:CRC)がおかれている。 ・州(51)および地域(6)の支部 ・学生支部. 図書館; 図書館学; 図書館分類法.

米国大学・研究図書館協会(ACRL)が発行する“College & Research Libraries News”Vol 81, No 10(年11月)に、米国のフロリダ大学教育学部図書館(The Education Library at the University of Florida)の2人の図書館員は共著で執筆した、黒人・先住民・有色人種(BIPOC)を題材とした児童向け絵本のデータベース. 8: 大きさ、容量等: 280p ; 19cm: 注記 学習のために: p271~275 ISBN. 以下のような団体と合同委員会を形成したり、密な共同活動をすることが多い。 ・協賛団体(Affiliate)(アメリカ法律図書館員協会(American Association for Law Librarians:AALL)など23団体) ・ALA連携専門家協会(ALA-Allied Professional Association:ALA-APA) ・読書の自由財団(Freedom to Read Foundation) ・メリット人道主義基金(Merritt Humanitarian Fund) ・全米リテラシー連合(National Coalition for Literacy) ・全米情報リテラシー・フォーラム(National Forum on Information Literacy) ・友好図書館(Sister Libraries) ALA会員組織図. →アメリカ図書館協会.

東京大学 経済学図書館 図書. 8 形態: x, 280p ; 19cm 著者名: 川崎, 良孝(1949-) シリーズ名: 図書館員選書 ; 31 書誌ID: BNISBN:. 中央図書館は、1979年6月11日に 「公共図書館中央館 (Central Building, Public Library)」の件名で、アメリカ合衆国国家歴史登録財に追加された 。 1990年7月1日、私立のポートランド図書館協会が中央図書館の所有権をマルトノマ郡に譲渡した 3 。. アメリカ図書館協会 図書館の原則 図書館における知的自由マニュアル : アメリカ図書館協会 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. 図書館の歴史 川崎良孝著 (図書館員選書, 31) 日本図書館協会, 1995. タイトル: 図書館の歴史 : アメリカ編. 日本図書館協会, 1975. 1931年に80歳で死去。デューイの功績を讃え、1951年、アメリカ図書館協会が選定した近代図書館で指導的役割を果たした40人のリスト「図書館殿堂」(Library Hall of Fame) にその名が加えられている。 関連項目.

大学図書館の本をさがす. 2 図書館における「民営化」 / 井上靖代 1. アメリカ図書館協会の知的自由に関する方針の歴史 : 『図書館における知的自由マニュアル』第9版への補遺 アメリカ図書館協会知的自由部編纂 ; 川崎良孝訳 京都図書館情報学研究会, 日本図書館協会 (発売),. アメリカ図書館協会が編纂した『図書館の原則(第7版)過 は、こうした図書館における知的自由を、すべての図書館業務の土台となる「持続的、包括的 な概念」(AnEnduringandAlトembracingConcept)5)としている。 2教育主義の時代(1850年から1939年). ALA直轄、または評議員会(council)直轄の委員会として、 ・常任委員会(standing committee) がある。常任委員会にはまとまった金額の予算がつき、事務局から職員が派遣される。 またこのほかに、以下の委員会がある。 ・特別委員会(special committee) ・部会調整委員会(interdivisional committee) ・合同委員会(joint committee) ・臨時委員会(ad hoc committee) また下部組織として小委員会(subcommittee)やタスク・フォース(task force)などがおかれていることも多い。下記にいくつか例示しておいたが、実際はもっと多くの下部組織がある。 各部会(division)やラウンドテーブルでも委員会を設置し活動している。またワーキング・グループ(working group)が部会やラウンドテーブルの実務を担当していることもある。 ALA直轄の委員会の委員は、任命委員会(Committee on Appointments)のアドバイスに基づき、任命委員会の委員長であるALA副会長によって任命される。ALA直轄の委員会には、以下のものがある。 ・認定(Accreditation)(常任) ・雑誌 American Libraries アドバイザリ(American Libraries Advisory)(常任) ・任命(Appointment)(常任) ・賞(Awards)(常任) ・支部関係(Chapter Relations)(常任) ・会議(Conference)(常任) ・会則(Constitution and Bylaws)(常任) ・選挙(Election)(常任) ・人的資源の開発および採用アドバイザリ事務局(Office for Human Resource Development and Recruitment Advisory)(常任) ・情報技術政策アドバイザリ事務局(Office for Information Technology Policy Advisory)(常任) →下部組織として著作権アドバイザリ(Copyright Advisory)小委員会、 E-Rateタスクフォースがある。 ・リテラシー(Literacy)(常任) ・リ. 9-Title Transcription. ◆会長(president)、◆次期会長(兼副会長)(president-elect)、◆前会長(兼会長補佐)(immediate past president);各3年の任期 ◆会計担当(treasurer);財政年度3年間の任期。現任者は—の任期 ◆事務局長(executive director);1名。常勤職員で任期なし。 ◆選出理事(elected council members);8名。任期3年。 ※選出理事8名は以下をリエゾンとしてそれぞれ複数担当する。 ALAおよび評議員会直轄の委員会―― ○会議/決裁担当、○プログラム・アドバイザリ担当、○会則/情報技術政策(OITP)局アドバイザリ/研究統計/会員会合担当、○資格認定/教育/政策モニター担当、○支部/人的資源の開発および採用(HRDR)アドバイザリ担当、○多様性/出版担当、○雑誌American Libraries /賞/知的自由/専門職倫理/公的意識/地方・ネイティブおよび部族図書館担当、○国際関係/会員/ウェブ担当、○選挙/法制化/リテラシー/リテラシーおよびアウトリーチ・サービス(OLOS)アドバイザリ/訓練・リーダーシップ担当 部会担当―― ○図書館委員会・支持者部会(ALTA)/専門・企業図書館部会(ASCLA)/公共図書館部会(PLA)担当、○図書館管理・経営部会(LAMA)/ レファレンスおよび利用者サービス部会(RUSA)担当、○大学・研究図書館部会(ACRL)/図書館資料およびテクニカル・サービス部会(ALCTS)/図書館情報技術部会(LITA)担当、○学校図書館員部会(AASL)/児童図書館サービス部会(ALSC)/ヤングアダルト図書館サービス部会(YALSA)担当 ラウンドテーブル担当―― ラウンドテーブル協議会担当 外部機関との連絡担当―― ○読書の自由財団(Freedom to Read Foundation)担当、○州図書館振興機関(State Library Agencies)担当、○都市図書館評議員会(Urban Libraries Council)担当、○研究図書館協会(Association of Research Libraries)担当、○未来のための図書館(Libraries for the Future)担当、○展示会出展者(exhi.

1 図書館の運営形態 / 山本順一 1. アメリカ図書館協会 (en:American Library Association, ALA) はアメリカ合衆国に本拠をおき、図書館と図書館教育を国際的に振興する団体である。構成員は64,600名を数え、世界最古にして最大の図書館協会である。. アメリカ図書館協会知的自由部『図書館の原則―図書館における知的自由マニュアル(第3版)』川崎佳代子共訳(日本図書館協会,1991年) ヘンリー・ライヒマン 『学校図書館の検閲と選択―アメリカにおける事例と解決方法』( 青木書店,1993年). 議決組織。会員から選出される評議員の最大100人までで構成される。その他の構成員は • 理事会メンバー(会長、副会長、会計、事務局長を含む)。 • 各部会(division)は1名の評議員を選出参加させることができる。 • 各州・地域支部(chapter)は1名の評議員を参加させることができる。 • 政府情報ラウンドテーブル、知的自由ラウンドテーブル、図書館教育ラウンドテーブル、社会的責任ラウンドテーブル、新会員ラウンドテーブルはそれぞれ1名の評議員を参加させることができる。そのほかのラウンドテーブルは共同で評議員を選出できる。 なお、評議員会には委員会がおかれる。. 23 アメリカ図書館協会は,すべての図書館が情報と思想のひろばであり,以下の基本方針が,図書館サービスの指針となるべきであるということを確認する。.

See full list on current. 図書館の収集した資料がどのような思想や主 張をもっていようとも、それを図書館および図書館員が支持することを意味するものではない。 図書館は、成文化された収集方針を公開して、広く社会からの批判と協力を得るようにつとめる。. 第1章 米国の図書館の概況 1. 図書館の歴史 : アメリカ編 川崎良孝 著. 4 形態: viii,414p ; 21cm シリーズ名:.

会員の自主的な活動グループである。事務局から職員を担当者として配置しない。現在は17グループがある。内容によってはリエゾンとして委員会などに参加する。会員数の多い5つは評議員会に代表を派遣でき議決権を行使できる。ほかは共同で1名を参加させることができる。現在、以下のようなラウンドテーブルが活動している。 ・継続図書館教育ネットワーク・交換(Continuing Library Education Network and Exchange:CLENERT) ・エスニックおよび多文化情報交換(Ethnic and Multicultural Information Exchange: EMIERT) ・展示(Exhibits:ERT) ・連邦政府および軍図書館(Federal and Armed Forces Libraries:FAFLRT) ・ゲイ、レスビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダー(Gay, Lesbian, Bisexual, Transgendered:GLBTRT) ・政府情報(Government Documents:GODORT) ・知的自由(Intellectual Freedom:IFRT) ・国際関係(International Relations:IRRT) ・図書館史(Library History:LHRT) ・図書館教育(Library Instruction:LIRT) ・図書館研究(Library Research:LRRT) ・図書館サポートスタッフ(Library Support Staff Interests:LSSIRT) ・地図・地理(Map and Geography:MAGERT) ・新規加入会員(New Members:NMRT) ・社会的責任(Social Responsibilities:SRRT) ・スタッフ組織(Staff Organizations:SORT) ・ビデオ(Video:VRT) 委員会は任命委員で構成されているが、ラウンドテーブルは会員が自主的に参加するものであり任期はない。. 図書館の基盤 1. 図書館の原則 : 図書館における知的自由マニュアル(第3版) / アメリカ図書館協会知的自由部編纂 ; 川崎良孝, 川崎佳代子訳 資料種別: 図書館の原則 - アメリカ図書館協会 図書 出版情報: 東京 : 日本図書館協会, 1991. 8 増訂版 アメリカ編. 増訂版 フォーマット: 図書 責任表示: 川崎良孝著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本図書館協会, 1995.

29:. 図書館事業の振興を目的とする団体. 司書を始めとする有資格者によって構成される専門職団体もあるが,図書館事業に関心を寄せる人や図書館などの機関も広く含める団体,あるいは,個人ではなく特定館種の図書館のみによって構成される団体などもある.1876年のアメリカ図書館協会の. 図書館の歴史 : アメリカ編: 著者: 川崎良孝 著: 著者標目: 川崎, 良孝, 1949-シリーズ名: 図書館員選書 ; 31: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 日本図書館協会: 出版年月日等: 1995. アメリカ公認会計士協会会計公準と会計原則. ) ・知的自由部(Office for Intellectual Freedom:OIF) ・リテラシーおよびアウトリーチ・サービス部(Office for Literacy and Outreach Services:OLOS) ・研究と統計部(Office for Research and Statistics:ORS) ・公表情報部(Public Information Office:PIO) ・公的プログラム部(Public Programs Office:PPO) ・ワシントン・オフィス(Washington Office)(在ワシントンD. 1948年6月18日アメリカ図書館協会採択 改正:1961. 第4章 学校図書館に必要な資料,経費,および職員(要約) / p47 第2部 学校図書館計画の立案と実践 第5章 教育委員会,学校管理者,および学校図書館 / p53. アメリカ図書館協会1938年版『倫理綱領』の成立と性格 川崎 良孝 はじめに 1 アメリカ図書館協会(以下ala)の『倫理綱領』は『図書館の権利宣言』よりも半年早く 1938 年12 月に採択された。しかし1961 年にアリゾナ大学図書館の副館長で大学図書館協会の.

アメリカ図書館の背景 / 藤野幸雄. お知らせ一覧; 新型コロナウィルス感染症への図書館の対応事例; 東日本大震災について. ホーム > お知らせ > 「アメリカ図書館協会年次大会」で事例発表しました! 年6月20日から5日間にわたって開催されたアメリカ図書館協会(ALA)の年次大会で、鳥取県立図書館の医療・健康情報サービス、高齢者サービスに関する事例発表をしました!. 図書館の自由に関する宣言(としょかんのじゆうにかんするせんげん)は、日本図書館協会の綱領である。 図書館の自由に関する宣言(抄) 1 図書館 は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することを、もっとも重要な. ALAの財源は会費および財団などからの補助金や寄付金で構成され、連邦政府からの資金は受けない独立採算制を取っている。また個人会員が、部会(Division)やラウンドテーブルに所属する場合には別個に会費を支払うことになる。 なお、アラバマ州、カンザス州、マサチューセッツ州、ニューヨーク州には“Library Support Staff”会員制度があり、専門職ではない図書館員がALA会員になるための補助制度がある。. アメリカの図書館は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、どのような対応を行っているのだろうか? 知のインフラとしてのアメリカの図書館の取り組み アジアやヨーロッパに続き、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るうアメリカでは、3月17日に全米図書館協会(American Library. 1 運営形態 1.

日本図書館協会 > 図書館職員求人情報 新型コロナウイルス並びに令和2年7月豪雨により甚大な被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、早期に健やな日常が戻りますよう祈念申し上げます。.

図書館の原則 - アメリカ図書館協会

email: ezopofes@gmail.com - phone:(679) 425-4003 x 3543

ニューサウンズインブラス37 ジャパニーズ・グラフィティ14 A・RA・SHI~Beautiful days - 三浦秀秋 - 般若心経瞑想法 桐山靖雄

-> FOREX NOTE 2018 為替手帳 黒 - エイチスクエア
-> こどものうた<改訂> - 中田喜直

図書館の原則 - アメリカ図書館協会 - おはやう 榎本享句集


Sitemap 1

たるみリセット - 竹井仁 - 深く考える七つの技法 直観を磨く 田坂広志